再建された尼崎城に初訪城

尼崎城(アイキャッチ画像)

訪問日:2019年4月27日
家電量販店の旧ミドリ電化(現・エディオン)創業者である安保詮(あぼ・あきら)さんが私費を投じて再建した尼崎城が2019年3月29日に一般公開されました。安保さんは1959年に旧ミドリ電化の前身「みどり電気」を尼崎市で創業し、2015年に「創業の地に恩返しがしたい」と天守閣の復元を市に申し出、完成後の2018年11月30日に尼崎市に寄贈しました。

なるべく早く再建された尼崎城を訪れたいと思っていましたが、訪れる機会が恵まれましたので、阪神梅田駅から尼崎城に向かいました。

尼崎城へのアクセス

阪神梅田駅から電車に乗り、阪神尼崎駅で下車。ホームを降りて出口を探すと西口と北口があり、尼崎城に行くにはどちらに行くのか書いていませんでしたので(見つけられなかっただけかもしれません)、とりあえず北口から出ました(結論としては北口と西口のどちらかも行けますが、西口の方が良いと思います)。

北口から出てもどう行けば分かりませんでしたので、googleマップで確認すると、尼崎城は駅の南東方向にあることが分かり、そちらに向かって適当に歩いていくと天守が見え、早く天守のところに行きたいと思いましたが、庄下川があり、行くことが出来ません。令和の時代においても、尼崎城の外堀であった庄下川に阻まれてしまいました。

駅の方向を見ると庄下川を橋で渡っている人が見え、結局、また駅まで戻ってきました。線路に沿って東方向に歩くと、スロープがあり、その先に橋があり、渡ると尼崎城の天守まで直ぐです。

少し離れた場所からの尼崎城

少し離れた場所からの尼崎城

尼崎城 天守内部

外観を眺めた後、天守の中に入りました。

尼崎城外観(その1)

尼崎城外観(その1)

尼崎城外観(その2)

尼崎城外観(その2)

尼崎城外観(その3)

尼崎城外観(その3)

一階は無料ですが、上層階は有料で500円です。チケットを購入すると、まずはエレベーターで5階に行き、そこから下りながら見学するシステムでした。5階は「わがまち展望ゾーン」、4階は「ギャラリーゾーン」で、尼崎市で生まれた画家・萩原一青の名城手ぬぐい百城が展示してありました。3階は「なりきり体験ゾーン」、2階は「尼崎城ゾーン」でした。

尼崎城ゾーンには、VRシアターがあり、尼崎城について分かりやすく紹介してあり、2回見てしまいました。尼崎城は鉄筋コンクリート造りで、VRシアターは鉄筋コンクリート造りだから可能だと思うので、利点を活かした展示を今後もして欲しいと思います。また、「剣術体験」などのアトラクションコーナーがあり、沢山の親子連れが楽しんでいたのも印象的でした。

お城に関する説明では、天守があったお城は兵庫県では姫路城と尼崎城の2つだけであったということが印象に残りました。また、庄下川を西の外堀とする3重の堀と南を海で囲まれた縄張りも印象に残りました。

私は尼崎城と言えば、荒木村重をイメージしていました。しかし、荒木村重が逃げ込んだ大物城は尼崎城とも呼ばれますが、別の城ということが理由なのか、戦国時代の説明は一切ありませんでした。


最後に

お城の周りでは沢山の子供が遊んでおり、地域の憩いの場になっているなと感じました。私自身、尼崎を訪れるのは初めてであり、天守が再興されなければ、訪れるのがいつになったか分かりません。色々意見はありますが、個人的には再建して良かったと思います。尼崎には寺町などまだまだ見るところがたくさんあるので、再建された尼崎城を応援する意味を込めて、尼崎を再訪したいと思います。

関連記事

  1. 大阪城(アイキャッチ画像)

    大阪城 テーマ展「戦国の世の祈り」

  2. クラウドファンディング感謝イベント

    山中城 クラウドファンディング感謝イベントに参加しました

  3. 初めての訪城記 冬晴れの空に映える小田原城

  4. シンポジウム「伊勢宗瑞の伊豆進出」

    シンポジウム「伊勢宗瑞の伊豆進出」を聴講しました

  5. 滝山城講演会

    滝山城歴史講演会「信玄を討ち留めざること無念千万に存じ候」を…

  6. 小田原城と桜(アイキャッチ画像)

    桜の小田原城を見に行きました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2階から見た泰巖歴史美術館の安土城天主
  2. 上杉家 毘沙門天の旗
  3. 獅子
  4. 特別展「佐竹氏」
  5. 鶴見れきぶん祭2020
訪城記(ブログ)一覧