桜の小田原城を見に行きました

小田原城と桜(アイキャッチ画像)

訪問日:2019年4月4日
今年(2019年)は4月に記録的な強い寒気が入り、寒の戻りがありましたので、桜の開花から満開までのペースが緩んでいました。訪問日した4月4日の小田原城址公園の桜は七分咲きとのことでしたが、この日以外は訪問できそうにないので、訪れることにしました。

隅櫓と桜

JR小田原駅から歩いて小田原城へ。お堀端通りを歩いていると、桜と隅櫓の景色が見え、「お城と桜は似合うな」と感じました。個人的には、隅櫓と桜の景色が一番良かったです。

隅櫓と桜(その1)

隅櫓と桜(その1)

隅櫓と桜(その2)

隅櫓と桜(その2)

隅櫓と桜(その3)

隅櫓と桜(その3)

隅櫓と桜(その4)

隅櫓と桜(その4)

隅櫓と桜(その5)

隅櫓と桜(その5)

隅櫓と桜(その6)

隅櫓と桜(その6)

常盤木門と桜

馬出門、銅門を通って、二の丸広場へ。常盤木門と桜も綺麗でした。

常盤木門と桜(その1)

常盤木門と桜(その1)

常盤木門と桜(その2)

常盤木門と桜(その2)

常盤木門と桜(その3)

常盤木門と桜(その3)

天守閣と桜

常盤木門を通って、本丸広場へ。天守閣と桜も良い感じでした。ただ、正直な感想を書くと、もう少し天守閣と桜が一緒に撮れるポイントがあれば良いなと思いました。

天守閣と桜(その1)

天守閣と桜(その1)

天守閣と桜(その2)

天守閣と桜(その2)

天守閣と桜(その3)

天守閣と桜(その3)

天守閣と桜(その4)

天守閣と桜(その4)



最後に

この日は平日にもかかわらず、沢山の人が小田原城を訪れていました(小田原城址公園は神奈川県のお花見人気スポットですので、当たり前といえば当たり前ですが)。桜を眺めている人達の楽しそうな表情を見ていると、元々戦いのために造られたお城ですが、平成(5月からは令和)時代には、平和の象徴になっていると実感しました。

関連記事

  1. 河村新城からの景色

    関東ローム層が強く印象に残った河村新城見学会

  2. 岡崎城と桜(アイキャッチ画像)

    桜の岡崎城を見に行きました

  3. 二条城東大手門の石落とし

    まいまい京都 二条城オンラインツアーに参加

  4. 菱の門のから見た姫路城天守

    姫路城:やはり日本一美しいお城

  5. 小田原城ポスター

    ウィズコロナ時代の小田原城訪問

  6. 清洲城

    織田信長を強く感じた清洲城

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 小田原城
  2. 戦国時代の鎌倉
  3. 企画展「戦国の比企 境目の城」
  4. 丹波亀山城
  5. 河村新城からの景色
訪城記(ブログ)一覧