桜の岡崎城を見に行きました

岡崎城と桜(アイキャッチ画像)

訪問日:2019年4月6日
名鉄東岡崎駅で下車。改札を出ると、北口と南口がありましたが、岡崎城に行くにはどちらに行けばよいかは書かれていませんでした。しかし、きっと北口だろうと思い、北口から駅の外に出て、地図アプリで確認すると、合っていました。

駅から少し歩くと、乙川に出、そこから竹千代通りを歩けば岡崎城に到着しますが、乙川の河川敷を歩けるようになっていましたので、竹千代通りから河川敷に降り、岡崎城址公園に向かって歩くことにしました。河川敷の土手には桜が植えられており、桜がとても綺麗でした。また菜の花もあり、桜と菜の花の組み合わせもとても良かったです。岡崎城近くの河川敷には沢山の屋台が出ており、賑やかでした(昼食は屋台で食べました)。

乙川と桜

乙川と桜

桜と菜の花

桜と菜の花

岡崎城

神橋を渡り、城内へ。神橋から見る龍城堀も良い感じでした。

龍城堀と桜

龍城堀と桜

龍城神社にはお参りする長い列があり、「人気のある神社なんだな」と思い、天守閣の前へ。やはり、天守閣を見ると「お城に来た」という気がします。早速、桜と一緒に天守閣の写真を撮りました。しかし、桜は乙川と伊賀川沿いを中心に植えられており、桜と天守閣を一緒に撮れるポイントが思ったより少なく、その点は残念でした。

天守閣と桜(その1)

天守閣と桜(その1)

天守閣と桜(その2)

天守閣と桜(その2)

天守閣の中に入館しようと思いましたが、桜まつりで沢山の人が岡崎城址公園を訪れており、チケットを買う長い列が目に入りました。案内板を見ると、三河武士のやかた家康館も一緒に見るならば、家康館で共通券を購入したほうが混雑時は便利とあり、家康館にも入館するつもりでしたので、家康館に向かうことにしました。

途中、天守閣の裏側(?)に行くと、深い堀があり、正面から見た時とは、かなり印象が異なりました。

天守閣と堀

天守閣と堀

家康館で共通券(510円)を購入し、館内を見学。次に天守閣内を見学して、その後、城内をめぐり、徳川家康銅像、徳川家康しかみ像、本多忠勝像、産湯の井戸などを見ました。しかみ像は徳川宗家十八代当主から平成19年に寄贈されたそうで、私はしかみ像が好きなので、スマホの壁紙に設定しました。また本多忠勝は徳川の武将の中では一番好きな武将ですので、格好良かったです。

徳川家康銅像と桜

徳川家康銅像と桜

徳川家康しかみ像

徳川家康しかみ像

本多忠勝像と天守閣

本多忠勝像と天守閣



最後に

今回は桜まつりの時期に訪れたので、ゆっくりお城めぐりという訳にはいきませんでしたが、満開の桜とお城を見ることが出来、満足でした。今秋、東岡崎駅前に日本最大級の徳川家康の騎馬像が完成するそうで、再度岡崎城を訪れるのが楽しみです。

関連記事

  1. 伊勢宗瑞の時代展

    小田原城天守閣特別展「伊勢宗瑞の時代」に行きました

  2. 武田神社の正面鳥居

    城址として訪れた武田神社(躑躅ヶ崎館)

  3. 小机城見学会に参加しました

  4. 鉢形城発掘調査(アイキャッチ画像)

    平成30年度 史跡鉢形城跡発掘調査現地説明会に行きました

  5. 大和郡山城

    転用石が印象深い大和郡山城

  6. 勝龍寺城

    明智光秀、玉、細川藤孝、忠興ゆかりの勝龍寺城

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2階から見た泰巖歴史美術館の安土城天主
  2. 上杉家 毘沙門天の旗
  3. 獅子
  4. 特別展「佐竹氏」
  5. 鶴見れきぶん祭2020
訪城記(ブログ)一覧