山中城(静岡県三島市)

史跡山中城は、小田原に本城をおいた北条氏が永禄年間(1560年代)小田原防備のために創築したものである。やがて天正17年(1589年)、豊臣秀吉の小田原征伐に備え、急ぎ西の丸や出丸等の増築が始まり、翌年3月、豊臣軍に包囲され、約17倍の人数にわずか半日で落城したと伝えられる悲劇の山城である。この時の北条方の守将松田康長・副将間宮康俊の墓は今も三の丸跡の宗閑寺境内に苔むしている。

三島市では、史跡山中城の公園化を企画し、昭和48年度より全ての曲輪の全面発掘に踏み切り、その学術資料に基づいて、環境整備に着手した。その結果、戦国末期の北条流の築城法が次第に解明され、山城の規模・構造が明らかになった。

特に堀や土塁の構築法、尾根を区切る曲輪の造成法、架橋や土橋の配置、曲輪相互間の連絡道等の自然の地形を巧みに取り入れた縄張りの妙味と、空堀・水堀・用水池・井戸など、山城の宿命である飲料水の確保に意を注いだことや、石を使わない山城の最後の姿をとどめている点など、学術的にも貴重な資料を提供している。

山中城跡公園にある「国指定史跡山中城跡」より引用

訪城記

訪問記一覧